トップ / 良い求人を探すために

良い求人を探すために

求人内容を調べる

探し方

求人に応募する際に手取りを計算

求人情報を見て応募する際には、手取り額がどの位になるのかをきちんと考えておくと良いでしょう。というのは、通常税金や保険料など、給与から控除される額を含めて表示されているためです。実際の手取り額がいくらになるかのシュミレーションは、インターネットなどに企業や給与の額面額、年齢や扶養家族などを入力すると大まかに分かりますので利用してみると便利です。それを踏まえて求人に応募したほうが、後でミスマッチを感じることが少ないからです。また、控除される社会保険料を減らしたい場合には、4月から6月の間には無用な残業をしないという事も鉄則です。

記載内容から図る手取り額の目安

求人票に必ず記載されている内容の1つが給与ですが、この金額は殆どのケースにおいて額面記載となっています。従って税金等を差し引いた手取り額は、記載内容と異なる事に留意する必要があります。目安としては、概ね記載額の80%程度と考えておけば良いと言えます。差し引かれる金額は税金の源泉徴収が主となりますが、労働契約の内容次第で幅が出る事も考えられます。また実際に求人に応募した際には、実際の手取りの額を聞いてみるのも良いと言えます。目安と思われる金額と離れている場合には、労働契約の詳細の確認にも繋げる事が出来ます。

↑PAGE TOP