トップ

求人の新しい情報を知ろう

求人の動きの変化

探し方

最近の求人の傾向について

最近の求人の動向を見てみると、未経験者より経験者を求めている傾向があります。昔と違い、中途採用の枠が増えてきているのです。中途採用の枠が増えてきたのは、やはり不景気が理由としてあげられます。企業側としては、募集している分野において、知識がない人材を一から育てるとなると、労力も時間もかかります。一方で、経験者の採用となると、ある程度の教育だけで済みますので、労力・時間、そして教育に費やす人件費も大幅に抑えることができるのです。最近は転職が増えてきていますので、そういった方をターゲットとした求人が増えてきているのです。

中途採用の数が増加している

最近の求人の傾向として挙げられることは、中途採用の枠が大きくなっていること、それと連動して新卒の採用の枠が小さくなり内定を獲得するのが以前よりも難しくなってきていることが挙げられます。実際に中途採用の求人数は最近ではかなり増えてきております。以前と比較して、企業の中で新人をゼロから育て上げるという土壌がなくなっていることが原因として考えられます。企業の戦力となるように新人を育て上げるまでには短くとも数年はかかりますし、その間に多くの費用が掛かります。経験者を中途で採用した場合はそのような費用を削減できますので、このような傾向が増えてきていると考えております。

↑PAGE TOP